ネットで購入する時

カラコンは高度管理医療機器ですから、購入には本来医師の処方箋が必要です。しかし実際にはネット通販で、処方箋がなくてもカラコンを購入できます。この場合なにかトラブルがあっても自己責任となりますので、誰も庇ってくれませんし、高い治療費などもかかります。何より間違った使い方をすると、眼障害のリスクが高まるので、おしゃれ用のカラコンでも高度管理医療機器であるという事を覚えておきましょう。

通販で売っているカラコンが悪いと言っているのではなく、カラコンは目に直接装着する物ですから、自分の目に合った物を選ばないといけません。お気に入りのモデルと同じカラコンをネット通販で購入しても、目のサイズやカーブが目に合っていないとフィットしませんし、カラコンがズレたり外れたりしてしまいます。

ネット通販サイトでも、高度管理医療機器の販売許可を受け、カラコンごとに承認番号が記載されている物なら安心ですが、販売許可もなく、承認番号の記載もないサイトは粗悪品を扱っている可能性が高いのでおすすめできません。厚生労働省の認可を受けていうるという事は、安全性が高く高品質のカラコンという証です。粗悪品は色素が溶け出す事もあり、眼障害のリスクを高めるので注意してください。